英語

英語特有のリズム感をどうやって身につけるか?

更新日:

日本語でも英語でも、Yes / Noで答える疑問文の場合、文末を「上げ調子」で発声します。

 

日本語の場合、疑問文以外はほとんど抑揚(イントネーション)をつけず平坦に話します。

 

しかし、英語では、イントネーションやアクセントに代表される「リズム感」が重要な要素で、このことを理解していないと、コミュニケーションが巧くいかない場合があります。

 

イントネーションやアクセントは、中学校の教科書に書いてある通り発声すれば良い、というような単純なものではありません。

 

【ネタばらし】 実は、ずっと、ずっと単純なのです!

英語の発声法と音楽の類似性

英語に限らず、西洋言語の発声法は、音楽の発声法と似ています。

 

音楽の発声法は、単純化して言えば、「叫び」です。このことは、オペラやミュージカルの歌声が、正に「魂の叫び」であることから、容易に納得できるでしょう。

 

つまり、西洋言語においては、肯定形・否定形・疑問形のいずれであっても、自らの意思をしっかり「叫ぶ」必要から、オペラやミュージカルの歌声に近い発声法が定着したのだと思います。

 

それでは、西洋ではなぜ、「叫ぶ」必要があったのでしょうか?

 

ヨーロッパでは、歴史的に民族が入り乱れ、戦争や混血が繰り返されてきました。

 

そのため、「言語」も戦いに巻き込まれ、ラテン語や古代アラビア語のように消滅した言語もあります(日本でも、アイヌ語がユネスコの「消滅危機言語」に登録されています)。

 

そうした言語戦争状態にあっては、自らの意思を、異なる言語を話す相手に正確に伝えるには、おとなしい平坦な発声法ではなく、「叫ぶ」ような発声法と身振り手振り(ジェスチャー)が必要だったのです。

 

他方、日本では、北方先住民族であるアイヌとの戦いを除けば、言語戦争を経験したことがなく、近隣住民とのコミュニケーションで叫ぶことや大げさなジェスチャーは必要なかったのです。

 

むしろ、「沈黙は金」とみなして、寡黙を尊び、派手なジェスチャーは敬遠されてきたのです。

 

音楽では、3要素として、メロディー、ハーモニー、リズムがあります。英語では、イントネーション(抑揚)、シュプレヒコール(唱和)、アクセント(強弱)などが対応しています。個別に見ていきましょう。

イントネーション

イントネーション(intonation)とは、2語以上の単語または文の発音において、高低差をつけて発声するパターンをいいます。1語の中での強弱・高低差は、アクセントです。

 

イントネーションには、上昇調(rising intonation pattern)と、下降調(falling intonation pattern)とがあります。

 

以下、上昇調の後に記号(↗)を、下降調の後に記号(↘)をそれぞれ付けて表記することにしますので、声を出して読んでみて下さい。

上昇調

一般に、Yes / Noでの回答を期待する疑問文では、文末を上昇調で発声します。

 

Do you go to school today(↗)?

 

Would you like a cup of coffee(↗)?

下降調

一般的な肯定文・感嘆文・命令文などでは、下降調で発声します。

 

I will buy the ticket(↘).

 

What a spectacular scenery(↘)!

 

Put your gun down(↘) and stand against the wall(↘).

上昇・下降混合パターン

肯定文でも、単語をリスト的に列挙する場合、最後の単語を除いて、上昇調で発声します。最後の単語は下降調です。

 

I will but some milk(↗), some cheese(↗), eggs(↗) and some bread(↘).

 

Whichで始まる疑問文で、2個以上の選択肢を例示する場合、上記リストと同様のイントネーションになります。

 

Which do you like most, apples(↗), oranges(↗) or pineapples(↘)?

 

また、文の途中で、聞き手にさえぎられたくない場合や、まだ話が終わっていないことを明確にするために、曲折抑揚(circumflex inflection)という特殊な発声法を使う場合もあります。

 

I am trying to show it to you now(↗), while I’m talking(↘), in order to prove my theory(↗), which you                will know soon(↘), because this is the first time in Japan(↗), and in the world as well(↘).

上昇・下降の両方あり得るパターン

付加疑問文の場合、文の最後は、上昇・下降の両方があり得ます。その使い分けは、話者の確信度合によります。

 

You don’t like cats, do you(↘)?  (確認)

 

You don’t like cats, do you(↗)?  (質問)

 

【外野席】 イントネーションって、色々あって面倒ですね。でも、日本語と似ているね。

シュプレヒコール

シュプレヒコール(ドイツ語:Sprechchor、英語:speaking choir)は、デモなどで大勢が一緒に、単語や文を叫ぶ表現方法です。通常のスピーチや会話では、まれですが、党大会などで使われる場合があります。

 

日本語では、「唱和」と訳していますが、英語の場合も、全員で抑揚・スピード・アクセントなどをそろえて発声します。英語劇や朗読で使われることもあります。

 

ヘンデルの「ハレルヤ・コーラス」やベートーベンの「交響曲第9番」の最終楽章で歌われる「歓喜の歌」の合唱部分などは、正にシュプレヒコールです。

アクセント

アクセント(accent)は、1個の単語に複数音節がある場合、その間で強弱をつけた発声法です。音節には、必ず母音(a, e, i, o, u, y)が1個以上含まれています。Yが母音として取扱われる例は、fly, supply, sympathyなどで見られます。

 

子音にアクセントが置かれることはありません。アクセントは、単語(意味)ごとに固定しており、文に無関係です。1語1語しっかり発音して、覚えましょう。日本語のアクセント(高低)とは異なる場合もありますので、要注意です。

 

【例】:desert(砂漠)とdessert(デザート)とは、アクセントの位置以外ほとんど同じ発音です。 Coffee(コーヒー)は、日本語では後半が強調されますが、英語では前半を強く発音します。

 

日本語の場合は、例えば、雨と飴、橋と箸、海と膿、2羽・庭などのように発音に高低のアクセントをつけて区別しますが、英語などの西洋言語の場合は、前述のように強弱によるアクセントです。

 

動詞と名詞が同一という単語の場合、アクセントで区別します。一般に、名詞は、前半部分にアクセントがあり、動詞は後半部分にアクセントがあります。

 

【例】: increase (増加・増加する)、contract (契約・契約する)、record (記録・記録する)、present (贈り物・贈る)、subject (主題/臣民・支配する)

 

1語に2個以上のアクセントがある場合があります。最も強く発音されるアクセントを第1アクセント(左下がりのアクセント記号「´」を付ける)、それ以外のアクセントを第2アクセント(右下がりのアクセント記号「`」を付ける)といいます。

 

【例】: rehabilitation (リハビリ):taに第1アクセント、reとbilとに第2アクセント。combination (組合わせ):naに第1アクセント、comに第2アクセント。

【ヒント】 アクセントの法則

 

アクセントの位置に関して、一定の法則(ルール)があります。例えば、-tion, -sive, -pathy, -ageなどで終わる単語は、その直前にアクセント、など。

 

しかし、法則には必ず例外があり、試験などでは、そういう例外を狙った出題が多いですから、法則の丸暗記はお勧めしません。

まとめ

英語特有の「リズム感」は、アクセントとイントネーションによって決まります。

 

ネイティブの発声法をCDやインターネットで真似をする場合、彼らが、口(あご)や舌を素早く動かして、多くの息を吐きながら発声している点に注目して下さい。日本人が、日本語で話す場合の2~3倍の息を吐きながら発声しています。

 

大きな声を出すのではなく、多くの息を出すつもりで、発声することを心がければ、ネイティブの発声法に近づくのも早いとのことです。

 

相手の言うことが理解できて、言おうとする内容も英語でしっかりしていても、発声がまずくて、相手に伝わらないのでは、もったいないです。健闘を祈ります。

英語をらく~~に楽しく身に付ける秘訣とは?

私たちは英語をマスターしようとするために、ただひたすら努力・根性で膨大な単語や文法を暗記するといった、スポーツと同じ感覚で英語に取り組んできました。

 

簡単にいうと、「とにかく数をこなして、手を動かせ」というやつです。

 

あらゆるものに手を出すけれど、楽しむというよりかは、嫌々しているので、苦しみは、さらなる苦しみを生み出し、結局最後は、「英語は難しい」と集団催眠にかかっている状況です。

 

多くの参考書などでは、断片的な知識のみで、実際に話せるレベルとなると難しい。

 

まずは、英語が中々思うように上達しない原因を理解することが必要となってきます。

 

その原因がわかっているか、いないかとでは、英語の上達において大きく違ってきます。

 

本質的なことを絞り込んで学ばない限り、無駄なことをずっと学び続ける様になり、結果的に上達しません。

 

実践的なテクニックと、心の負担を軽くするメンタル面の両方を学ぶ必要があります。

 

わかりやすく、「山登り』を例えて説明します。

 

富士山のような有名な山でしたら、地図や看板があるので、迷うことはないですが、まだ誰も存在自体を知らない山があると仮定します。

 

その山に挑戦して、下山する時、道に迷う事がない様に、岩や木に印をつけたり、メモ書きをしたりといったことをすると思います。

 

慣れない山道や、雨や雪といった自然災害の困難を乗り越えて、無事、頂上に登ることができました。

 

あなたが、初めて山の頂上までと登りつめた人です。

 

そして、山を登った達成感を味わった後、下山します。
そこで、あなたは新たに頂上を目指している人とすれ違います。

 

ただ「頑張ってください」と会釈するのではなく、迷わず山頂にたどり着けるように事細かに教えるはず。

 

要は、ただ山を登る方法と実際に山頂まで登った人から教わるのとでは違います。

 

登る方法は、本に書いてあります。

 

まだ、誰も知らない山についての地図や情報は、どこにも載っていないのです。

 

登山と同じく、はっきりとした到達点がわかれば、無駄な英語学習をする必要が無くなる。

 

本当にらく~~に楽しく学んで英語を身に付けたい。
そんなあなたに、ぜひ、山の入り口に来て、宝の地図を掴んでもらいたいです。

>>詳しくはこちら

-英語

Copyright© 英語を頑張る人への応援ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.