英語

リンキングをマスターして英会話力をアップ

リンキング(linking)とは、2個以上の単語をつなげて、1語のように発音する発声法です。

日常の英会話で頻繁に使われます。

簡単な例では、“can I”は、「キャンアイ」ではなく、「キャナイ」、“Thank you”は、「サンク・ユー」ではなく、「サンキュー」に近い発音です。

フランス語では「リエゾン」と呼ばれています。

リンキングが聞き取れるようになると、ヒアリング力が大きく向上します。

リンキングには、一定のパターンがあります。

決して難しいものではありません。

これから詳しく解説をしていきます。

子音+母音が結合

上記 “can I”のように子音で終わる単語の次に母音から始まる単語が続く場合、このパターンになります。

母音で終わる単語でも、その母音を発音しない場合は、このパターンに入ります。

このパターンは、最も頻繁に現れるリンキングです。

リンキング後の発音に近い音をカタカナで示しますので、実際に早口で発音して確認して下さい。

an animal ➡ アナニマル(穴に丸)

Look at it. ➡ ルッカッティッ(最後の「t」は、口の形だけ「t」にして、発音しない)

What is it? ➡ ワッティズィッ(同上。3語のリンキングです)

work out ➡ ワーカウト

Get out. ➡ ゲッダウト (tはdに代わります)

Should I …? ➡ シュダイ…

Even if … ➡ イヴニフ…

He had a good experience. ➡ ヒハダグーデクスペリエンス(2か所リンキングします)

I make a cake. ➡ アイメイカケイク (makeは、母音で終わりますが、発音は子音)

…t+母音の場合、tがrまたはdの音に変化する場合があります。

not at all ➡ ナラロー (2回繰り返されています。「ノダオール」という言い方もあります)

but also ➡ バロルソ

out of  ➡ アウロブ

put it on ➡ プリロン (2回繰り返されています)

that I ➡ ザダイ (語尾がtまたはdの場合、消滅する場合があります)

and I ➡ アナイ

isn’t it ➡ イズニ (tが2個とも消滅)

kind of ➡ カイノブ

母音+母音で、yまたはwを挿入

The end. ➡ ジイェンド (The yendに近い発音)

Hurry up. ➡ ハリヤップ (Hurry yupに近い発音)

Go out. ➡ ゴワウト (Go woutに近い発音)

Call me earlier. ➡ コールミヤリア

You are all amazing. ➡ ユワラメイジング (4語のリンキング)

more or less ➡ モウロレス(語末のeは消滅します)

子音+子音で、語尾の子音が消滅

語尾のt, d, k, pは、アクセントがない場合、弱く発音されるため、消滅または結合音に変化します。

want to ➡ ウォントゥ

get to ➡ ゲットゥ

went to ➡ ウェントゥ

with the ➡ ウィッザ

good day ➡ グデイ

red dog ➡ レドッグ

keep pace ➡ キーペイス

Is she ➡ イッシー

d+tの場合は、dが消滅し、t+dの場合は、tが消滅します。

used to ➡ ユーストゥ

had to ➡ ハットゥ

hard to ➡ ハートゥ

need to ➡ ニートゥ

find the ➡ ファインザ

What do you know? ➡ ワドゥユーノウ

get down ➡ ゲッダウン

子音+h…の場合、hは消滅しがちです。

ask him ➡ アスキム

give her ➡ ギヴァ

on his own ➡ オニゾゥン

should have been ➡ シュダビン

would have ➡ ウダヴ

子音+y…は、別の音に変化し、1語化

t+y… 「ch」の発音に変化。 haven’t you (ハヴンチュー), want you (ウォンチュー),

d+y… 「j」の発音に変化。 did you (ディッジュ), could you (クッジュ)

z+y… 「zh」の発音に変化。 as you like (アジュライク)

And, or, inなどとのリンキング

これらの単語は、弱く、あいまいに発音されがちなため、区別がつきにくく、最も難しいパターンです。

bread and butter ➡ ブレドゥンバタ

you and me ➡ ユーエンミ

black and white ➡ ブラックァンワイ

knife and fork ➡ ナイファンフォーク

come on in ➡ カモニ

cats ‘n’ dogs ➡ キャツンドッグズ

発音通りのスペリング

アニメ、歌の歌詞、映画の字幕などで、発音通り綴った単語を見かけることがあります。

これは、視覚方言(eye dialect)と呼ばれるもので、総数約30万語の内、約4万語が下記URLに掲載されています。

下表には、その内の極く一部を転載しました。

引用:https://en.wiktionary.org/wiki/Category:English_eye_dialect

‘a’havegonnagoing to
…in’…ing‘emthem
‘alfhalfwannawant to
anodaanothergottagot to
‘appyhappysortasort of
‘avehaveshouldashould have
azas‘n’and
befobefore‘keyokey
behinebehindyayou
cahcar‘cosbecause
dunnodon’t knowlotsalots of
wuzwaswimminwomen
enuffenoughpeeplepeople

まとめ

英語のヒアリングが苦手な人は、日頃、正しい発音を心がけ、文章を正確に読む練習をしてきた、まじめな人たちです。

しかし、ネイティブの発音は、そのような正確な発音ではなく、上述したような、多分に「自然な発音」なのです。

そういう「非教科書的発音」に慣れていないと、聞き取れない場合があります。

ただ、漫然とアメリカ映画やTVの英語ニュースを聞いていても、慣れることはできません。

背景にあるルールを理解し、自分でもそういう発音を練習して、納得しなければなりません。

上記したルールを理解できれば、次第に同種のリンキングや、音の消滅を察知できるようになり、聞いた時、違和感がなくなります。

後、参考までに次のYouTube動画は、スティーブ・ジョブズが2005年にスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチです(英語・日本語の字幕付き)

リンキングが多用されています。

-英語

© 2020 名越三郎太のブログ